第18回FMO研究会 第10回FMODD全体会議 合同セミナー

日時:2019年3月14日(木)
場所:星薬科大学 新星館6階 ディスカッションルーム
(東京都品川区荏原2-4-41)
http://www.hoshi.ac.jp/site/gaiyou/map.php
http://www.hoshi.ac.jp/site/gaiyou/shisetsu.php

第18回FMO研究会(公開)
12:40-13:00 受付
13:00-13:50 石川 岳志 先生(鹿児島大)
「FMOプログラム「PAICS」の開発と生命科学分野への応用」

要旨:PAICSは、GAMESSおよびABINIT-MPに続く第三のFMOプログラムと して開発されてきた。PAICSの特徴の一つは、Resolution of the Identity(RI) と呼ばれる2電子積分の近似法を用いた、高速なMP2およびMP3法が実装され ていることである。また、FMO-QM/MM法のためのAMBER-PSICSインター フェースの開発もその特徴の一つといえる。本講演ではまず、RI-MP2および MP3法、FMO-QM/MM法を中心にPAICSの開発とその機能に関してご紹介さ せて頂く。その後、PAICSを利用した最近の応用研究、特に創薬を含む生命科学分野での応用研究についてお話させて頂く。

研究会の後、同会場にてFMO創薬コンソーシアムの全体会議を開催します。
参画機関のみによる非公開の会議ですが、今後コンソーシアムに入会を検討され る方もご参加いただけます。
希望される方は下記問い合わせ先までご連絡ください。

参加申込み・お問合せ:
FMO創薬コンソーシアム fmodd.consortium[at] gmail.com ([at]を@に変換してください)
URL: https://fmodd.jp/guide/