第19回FMO研究会 第11回FMODD全体会議 合同セミナー

日時:2019年9月3日(火) 13:00-14:00
場所:神戸大学統合研究拠点 2階セミナールーム
http://www.oair.kobe-u.ac.jp/ir/map-ja.html

第19回FMO研究会(公開)
12:40-13:00 受付
13:00-13:50 仲西 功 先生(近畿大学薬学部)
「SBDDと計算化学-少ない計算資源で-」

要旨:SBDDにおいては、理論計算に基づくリガンドとタンパク質間の詳細な相互作用解析、高精度なアフィニティ予測、などの構造活性相関解析が重要であり、また、リガンドの結合構造予測技術も必要になる。解析の精度を上げるには、京のようなスーパーコンピュータシステムを活用できる環境が理想であるが、一研究室で維持できる計算資源は限られている。私たちは、50~100コア程度の計算パワーでFMO計算やMD計算を効率的にSBDDに適用するにはどのようにすればよいか日々試行錯誤している。十分な結果が得られているわけではないが、その例を一部ご紹介するので、忌憚のないコメントをいただければと思う。

研究会の後、同会場にてFMO創薬コンソーシアムの全体会議を開催します。
参画機関のみによる非公開の会議ですが、今後コンソーシアムに入会を検討される方もご参加いただけます。
希望される方は下記問い合わせ先までご連絡ください。

参加申込み・お問合せ:
FMO創薬コンソーシアム fmodd.consortium[at] gmail.com ([at]を@に変換してください)
URL: https://fmodd.jp/guide/